29 4月

モビットの返済シュミレーションで毎月の返済額を確認

bnr10

モビット返済シュミレーションで毎月の支払や期間、利息を確認しよう

モビットで借入を考えているが、毎月の返済がいくらになるか気になっているなら、モビットの返済シミュレーションを確認してみましょう。返済シュミレーションでは、

●毎月いくら返したら、返済完了までどれくらい期間(月数)がかかるか?
●返済にかかる期間(月数)から、毎月の返済額はいくらになるか?
●自分の借りたい金額だと毎月いくらづつ返済するのか?
●自分の借りたい金額だと最終的にどれだけの利息を支払うのか?

など調べることができます。モビットの返済シュミレーションは公式ページの「返済シミュレーション」より確認できます。

たとえば10万円、30万円、50万円を借りる場合、どうなるでしょうか?
特に、

●毎月いくら返したら、返済完了までどれくらい期間(月数)がかかるか?
●自分の借りたい金額だと毎月いくらづつ返済するのか?

という視点で確認してみましょう。

借入金額 10万円 10万円 30万円 50万円
毎月の返済額 5,000円 10,000円 11,000円 20,000円
返済終了までの期間 24ヶ月 11ヶ月 36ヶ月 32ヶ月
元本と金利の合計支払額 119,772円 109,158円 388,683円 631,374円
金利手数料 19,772円 9,158円 88,683円 131,374円

※金利は年利18%として計算

自分の収入ではいくら借りられるか気になるなら

自分はいくら借りられるか気になるなら、WEBだけ完結の「お借入診断」で確認しましょう。

・生年月日
・年収
・他社からの借入金額
 ※初めて借り入れをする人は入力不要、クレジットカードのショッピング枠、
  銀行ローン、住宅ローン、自動車ローンなどは含まない

で確認が可能です。

借り入れをする場合の目安 毎月返す金額

org_img_7返済シュミレーションで事前に確認することは大切です。初めてのお借り入れだと尚更ですが、お金を返す目処が立つかどうかが大切です。いわゆる無理のない返済計画を建てる上で、毎月の返済金額から逆算する方法をおすすめします。一般的に、借り入れをする場合の目安はいくらにすべきでしょうか。もちろん収入によりますが、手取りでの月収が10万円~30万円程度の場合は、毎月の返済額は1万円~3万円程度に留めておいた方が安全でしょう。つまり、収入の10%程度がいいかと思います。収入の20%程度もがんばれば可能ですが、結構キツイということを覚悟した方がいいです。

また、毎月の支払いから捻出するために、今支払っているものを止めて、代わりに返済するものならなお安全です。たとえばタバコ代で月に5000円払っている、飲み代3回で約15000円、この両方をいったん控えることで月2万円の返済が可能という具合に、自分の支出の中から何かをガマンして返済にあてるといいいでしょう。まずは借り入れする前に、自分の借り入れ金額から逆算して、毎月いくら返済して、何ヶ月かかるかを借り入れシュミレーションで事前に確認することをおすすめします。

プロミスの返済シュミレーションは公式サイトから確認できます。もちろん利用は無料ですので、自分の納得いく返済計画を確認してみましょう。その際、「借入金額と毎月の返済金額から返済期間を計算する方法」と、「借入金額と返済期間から毎月の返済額を計算する方法」との2つがあります。無理のない返済計画を建てたい場合は、「借入金額と毎月の返済金額から返済期間を計算する方法」を選ぶことをおすすめします。

自分の返済能力を見極めることが重要ですから、収入の十分の一と単純計算するか、あるいは自分の支出をあらためて計算して、どの支出を抑えられるかから考えてみることもできます。自分の毎月の返済金額を逆算することで、くり返し借り入れを利用せずに済むようにしましょう。一回借り入れをしたらその新たに借り入れしたい欲求を押さえて、今ある借入金を返すことに専念するようにしましょう。そのためにいろいろな制限は発生するかもしれませんが、その点は借り入れをすることのデメリットではありますが、借金地獄になってしまうよりは自制した方がのちのちのために良いでしょう。